未分類

演習問題に

従前に日商簿記2級や1級レベルを独学の勉強法で合格をゲットされた受験生ならば、税理士試験の中の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限るなら、基礎があるので独学で合格を可能にするのも、困難なわけではないのかも。

税務上の個別論点の範囲に取り掛かりましたら、関係する試験の演習問題にめいっぱいチャレンジして、数をこなして問題慣れしておくというような勉強法を新しく取り入れることも税理士試験の簿記論の科目対策には殊に効力がございます。

ほとんど独学で通しているけど、受験当日までのスケジュールの立て方とか試験勉強方法等に不安を抱く等の際においては、司法書士試験に狙いを定めた通信講座で勉強するというのも、1つの進め方であるでしょう。

いわゆる難関と言われている司法書士試験の難易度の程度は大変厳しく、例年の合格率も約2~3パーセントと、日本の国家資格の中でも有数の桁違いの難関試験であります。

司法試験と変わらない勉強法で進めると、未経験の司法書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強時間&勉強量が膨大なものになりがちです。かつさらに思うような成果は無いに等しく、コスパが低くなっています。