未分類

モニター

脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを防御し、分泌物質の覚醒などを支配していて、大鬱病の人は機能が弱くなっていることが判明している。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の追跡調査の結果によると、成人と比較して若い子どものほうが分散した放射能の有害なダメージをより受けやすくなっていることを痛感します。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの数値でモニターできますが、ここ数年の間に肝機能が落ちている方々が明らかに増加傾向にあるそうです。
子どもの耳管の作りは、大人に比べると太めで長さがあまりなく、かつ水平に近いため、菌が進入しやすくなっています。小さな子供がよく急性中耳炎になるのは、これが関係しています。
耳鳴りの種類には本人だけに感じられるという部類の「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように他の人にも高性能マイクロホンなどを利用してみると聞こえてくるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
グラスファイバーで作製されるギプスは、ダメージに強くて軽いのに持ちが良く、シャワーなどで濡らしても壊れずに使用できるというメリットがあるため、現在採用されているギプスの中では第一選択肢となるまでに浸透しました。
ばい菌やウィルスなどの病気を発生させる病原体(病原微生物)が肺へ進入し伝染し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を露呈している様子を「肺炎」と診断しています。
ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「除去しなければいけない」ものと思いがちですが、本当は、ヒトは大なり小なりのストレスを感じているからこそ、活動していくことが可能になっています。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は90%弱が脳動脈りゅうという脳内の血管にできる瘤(こぶ)が裂ける事が理由となって起こってしまう深刻な脳の病気だということを多くの人が知っています。
内臓脂肪型の肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、高血圧(こうけつあつ)、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に一致する健康状態を、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。
侮ってはいけないインフルエンザに適応している予防対策や医師による手当など、このような必ず行われる対策自体は、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
陰金田虫というのは、医学上では股部白癬と呼び、カビの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、尻などに感染してしまい、棲みついてしまう感染症であり水虫のことなのです。
鍼灸用のハリを患部に刺す、という物的な程よい無数の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという通称の要は電気信号伝達を起こすのではないかと言われているのです。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒の軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられます。
いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男性に多い傾向があって、基本的には股間部にのみ拡大し、激しい運動をしたり、入浴後など体が熱くなった時に強い痒みを感じます。