未分類

高血圧

体を撫でることなどで、患者がセラピーキャットのことを可愛らしいと感じることで「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスの緩和や心の癒しに繋がっているのです。
内臓脂肪が多いことによる肥満と診断された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2つ以上に合致するようなケースのことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と言っています。
ストレスが溜まっていく理屈や、有効な抗ストレス方法など、ストレスというものの基本的な知識を保有している人は、まだ少ないようです。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の枯渇等が大きいと考えられているのです。
汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足の裏、指と指の隙間などにプツプツとした小さな水疱がみられる皮膚病で、通称汗疹(あせも)と呼び、足の裏に現れると足水虫と勘違いされることもあります。
普通は水虫といえば足を想像し、こと足の裏に現れる病気だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけではなく、人の体ならどこにでも感染してしまうという恐れがあります。
スギの木の花粉が飛ぶ時に、まだ小さなお子さんが体温は平常なのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした水っぱなが出続ける状態だったなら、もしかすると杉花粉症の恐れがあります。
HIV(human immunodeficiency virus)を持った精液、血液を始め、母乳や腟分泌液等の体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口等に接触することにより、感染のリスクが大きくなってきます。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの値によって確認できますが、ここ数年で肝臓の機能が悪化している人達が徐々に増えているということが危険視されています。
トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる作用が殊更認識されていますが、この他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが知られています。
ポリフェノールで最も有名な特長は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロールなどとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を予防する効果があります。
不整脈の期外収縮は、特に病気ではなくても症状が現れることがあるのでさほど難しい疾病とは限りませんが、発作が幾度も続いてみられるケースは危ないのですぐ病院へ行きましょう。
学校等の団体生活に於いて、花粉症のせいで他のみんなと等しくはつらつと走り回ることができないのは、子どもにとって辛いことです。
スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜間しっかり眠れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足になり、翌日起きてからの業務にダメージを与えることもあるのです。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月より厚労省が接種を推奨する定期接種になり、病院などで個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル